ホーム > 準備するもの

準備するもの

1.インターネット環境

「え、当たり前じゃん」と思われる方も多いでしょうが、実は効率の良いポイント集めをするためにはかなり重要です。ポイントサイトの多くは豊富なフラッシュや画像などによって、だいたいのサイトが重いのです。速度の早い回線環境ならば問題ないのですが、光回線導入以前の私は、サイトを表示するのにもひと苦労でした。しかも、現在のサイトで表示されるコンテンツ量は増加の一途をたどっています。ポイントサイトに限らず、ネット利用時のあらゆる環境が向上するので、まだISDN(さすがにいないか・・・)やADSLを利用されている方は、光回線の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

定番であるNTTの「フレッツ光」や、auから出ている「auひかり」などが回線の安定性や料金面で使いやすいと思います。また、外出先でもヒマさえあればポイント稼ぎをしたいというジャンキーな方には、「E-mobile」などから提供されている、モバイルWifi環境があったほうがよいかもしれません。

私が始めた頃とは大きく環境も変わり、昨今では外出先でのスマートフォンの利用が普及しましたが、ポイントサイトに関して言えばPC版とスマートフォン版では完全に別物、しかもPC版のみで手に入るポイントも多く存在するためです。やはり「PCしかできないこと」はまだまだ多いのが現実です。

2.メールアドレス

ポイントサイト専用のメールアドレスを用意しておきましょう。なぜなら、普段使っているメールアドレスを登録してしまうと、サイトからのメールマガジンやアンケート、お知らせなどがたくさん届くためにプライベートのメールが紛れてしまって何が何だか分からなくなってしまうからです。また、専用のアドレスを用意すればより安全です。フリーメールで専用のアドレス(アカウント)を用意しておけば非常に便利です。メールは貴重なポイント源なので、日ごろのチェックはお忘れなく。ここでも注意してほしいことがあるのですが、一部のサイトでは特定のフリーメールにメールを送れないということがあるようです。ちなみに私がオススメするのはYahoo!メールです。メールボックスの容量がかなり大きく、サーバーが重いということがないので、届いたメールをささっとチェックすることができます。

登録するポイントサイトが増えてきたら、ポイントサイト用のメールアドレスを複数もっておくと良いです。「このサイトはこのアドレス」「あのサイトはあのアドレス」というふうに分けておくと、一つのアドレスに大量にメールが届かなくて済むので、とても分かりやすくなります。だからといってそれぞれのサイト用に個別のアドレスを用意すると、今度はかえって面倒になるので、1つのメールアドレスに3~5つくらいのサイトを登録すればちょうど良いです。

3.銀行口座

こちらもポイントサイト専用で用意しておくと便利ですし、どれくらい貯まったかが一目でわかるようになって扱いやすくなります。実はポイントサイトによって振り込み先に指定できる銀行は全く異なり、いわゆるメガバンクに振り込めるサイトもあれば、ゆうちょ銀行に振り込めるサイト、そのどちらにも振り込めない(ネット銀行のみ可など)サイト、他のサイトにポイント交換する必要があるサイトなど、いろいろです。とりあえず会員登録する前に、それぞれのポイントサイトはどの金融機関に対応しているのかを確認するとよいでしょう。ですが、もしこのような煩わしさをなくしたいのであれば、ネット銀行に口座を開設しておくと良いと思います。ネット銀行なら、ほとんどのポイントサイトが対応しているはずです。ちなみに私がオススメするのは楽天銀行(旧:イーバンク銀行)です。手数料も安いですし、各種サービスも豊富です。

  <詳細>楽天銀行とは?

通販大手の楽天市場や野球のゴールデンイーグルスでおなじみの、楽天が運営しているネット銀行です。旧名はイーバンク銀行だったのですが、楽天に買収されて運営元が変わり、2010年に現在の名称になりました。

ネット銀行の特徴ともいえる預金金利の高さはもちろんのこと、普通預金の口座を1つ作ってさえおけば、次のようなことが可能です。

・預けているお金を使って外貨預金

・この銀行が自前で開いているFX口座を開設

・格安の手数料で海外送金(200か国以上)

・投資信託

・公営競技やサッカーくじをネット上で購入

・楽天ポイントが貯まる

特に、海外送金の機能は大手銀行と異なり、支店によって断られるなんてこともないため、こういった柔軟性の高さは評価できるところです。

最近話題のNISA(少額非課税投資)はもちろん対応していますし、2014年からは、宝くじをネット上で買うことができるサービスまで開始しており、旧来の銀行の枠組みを超えた使い方ができそうです。