ホーム > ポイントサイトの種類

ポイントサイトの種類

ひとくちに「ポイントサイト」といってもいろいろあります。ここでは私の独断と偏見により、それらのサイトを大体のカテゴリーに分けて、それぞれの特徴を紹介していきます。皆さんが実際に利用される際の参考になればと思います。

1.「一般的な」ポイントサイト

総合的にいろいろなジャンルを取り扱っているポイントサイトです。初心者の方々もこの種のものから始めたほうがベターです。「げん玉」「Get Money!」「フルーツメール」「ハピタス」などがこれにあたります。これらのサイトの特徴として、

・サイト内の広告をクリックするとポイントがもらえる

・メールマガジンが送られてきて、その中のリンクをクリックするとポイントがもらえる

「案件」に申し込むとポイントがもらえる(注目!!)

・web検索をするとポイントがもらえる

 などがあります。

これらのサイトに登録するときはなるべく、「興味のあるジャンル」の項目にはすべてチェックをしてください。チェックが多ければ多いほど、メルマガは多く届くようになり、ポイントも貯まりやすくなります。

「案件」という言葉が出てきましたが、案件とは、ポイントサイトが他の企業からの依頼で行っているサービスのことで、主に他のサイトへの会員登録、資料請求、試供品の購入、クレジットカードの発行などをすることにより、「お礼」としてポイントがもらえます。案件の中には無料でできるものも多いので(稼ぎ方のコツを参照)、うまく活用してポイントを貯めていきましょう。

2.アンケートサイト

名前の通りアンケートに回答することによってポイントを貯めていくサイトです。「マクロミル」「Prize-Prize」「リサーチパネル」「infoQ」などがこれにあたります。アンケートサイトの良いところは、広告をクリックしたりするよりもはるかに効率よくポイントがもらえます。

ほとんどのサイトでは、webアンケートは「事前調査」と「本調査」に分けられ、「事前調査」は1回2~3円もらえるものが毎日複数届き、「本調査」では1回で100円以上(!)の金額がもらえることもあります。また、会場に実際に行って受けるモニター調査や、座談会形式の調査では1回数千円~1万円(!)もらえます。

アンケートサイトについても、「興味のあるジャンル」の設定があるので、項目にはすべてチェックしておきましょう。また、数日~数週間毎日継続する形式のアンケートのオファーが来たら、率先して参加しましょう。会場に行くことなく数千円~1万円がもらえるチャンスです。

3.ゲームなど独自サービスでポイントを貯めるサイト

サイト内の無料ゲームなどでポイントを貯めていくサイトです。「CMサイト」などがこれにあたります。

ゲームをしながら楽しくポイントを貯めていくことができます。しかも、このタイプのサイトの多くは「案件」を取り揃えていたり、場合によってはアンケートを行うこともあるので、効率よくポイントをゲットできます。ですから活用方法は、一般的なポイントサイトとほぼ同じです。

違いは「ゲームに特化しているか」「特化していないか」くらいです。むしろこれらのサイトにある無料ゲーム(有料だと話が変わってしまいます)はポイント絡みのものが多いので、ゲームがある分、ポイント源も多い考えて良いと思います。

一部のサイトでは、これらの特徴も最近では薄れて徐々に案件中心のサービスに移りつつありますが、その一方で変わらない運営方針を保っているサイトもあり、案件が面倒くさいという人にとっては重宝する存在です。

4.リードメール

リードメールは今でこそあまり知られていない存在かもしれませんが、一時期非常にブームとなった方法でした。どのような仕組みかと言うと、リードメールを管理しているサイトに登録して、そこから大量に送られてくるメールのリンクを片っ端からクリック・閲覧することでポイントを集めるというものです。

しかしながら、メール1通あたりのポイント量があまりに少ないこと、メールそのものが大量で扱いにくく、クリックや閲覧の時間もかかるということ、そして何よりも初めから報酬を支払う気のないサイトが多数存在していたことなどから、現在では下火になっています。そのスパム的なやり方も問題があると判断し、こちらでリードメールの紹介は行っていません。

(なぜ紹介しなかったのかについての詳細は、こちらのページに記載しました)

当サイトで紹介しているポイントサイトは、形式によってはメルマガでポイントを貯めるということもありますが、そういった信頼性の問題はないだろうと、私自身の経験だけですが申し上げておきます。全てではありませんがここで紹介しているサイト運営者の多くは、今や上場企業さんですからね。

5.その他お小遣い稼ぎができるWEBサービス(中級者以上向け)

インターネットの知識、特にサイトやブログの作成などの知識があれば、インターネットを使ったお小遣い稼ぎの先駆者である「アフィリエイト」を使ってみるのもいいと思います。ポイントサイトのように自分が広告などの案件を利用するのではなく、相手に案件を利用してもらうことが中心になってくることが、大きな違いです。しかしそれ以外の部分ではポイントサイトと似通っていて、ポイントを換金する制度を設けている場合もあります。

6.「交換レート」の話

これは種類というよりも各サイトで異なるのですが、それぞれのサイトはポイントと現金を交換するための「交換レート」を定めています。

サイト選びの時は結構これが参考にはなります。多くのサイトでは1円=10Pから1円=1Pくらいのレートで交換していますが、まれにこれよりも高いレートで交換しているサイトも見られます。

たとえば極端な話、1円=10Pのレートのサイトが出すクリックすると1ポイントもらえる広告と、1円=0.1ポイントのサイトが出す1ポイントもらえる広告は、金額にすると前者が単価0.1円で後者が単価10円となり、同じ1ポイントでもその価値に100倍の差がついているのです!!

しかし1ポイントの価値がそのままサイトの「稼ぎやすさ・稼ぎにくさ」になっているわけではありません。自分でそのサイトの使いやすさや1日あたり最低何円分のポイントがもらえるのかよ~くチェックしてみてください。また、当サイトでは紹介しているサービスなどの交換レートを紹介するとき、1円=○○Pという形で統一してあるので、ぜひ参考にしてみてください!